スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
待ちに待ちましたっ!「レトロフリーク ゲットだぜっ~!」


さて、以前より予約していた
「レトロフリーク」を購入してまいりました

待ちに待った感がハンパ無かった。

限られたスペースでのハードの設置替えが無くなるので
大変便利です

IMG_1070_R.jpg

現在所有のソフトのインストール開始・・・
認識不能ソフトも数本出ますね。
こんなときには、以前紹介した「接点復活スプレー」でやんす
ある程度はいけますけど、ダメなのもあります
http://nogumaism.blog.fc2.com/blog-entry-38.html

FCソフトのデータ量って、こんなものなのかと思ってしまうくらいの
コンパクト設計なんですね。

HDMI出力で画像が目に痛いくらいの発色です

スクリーンショットも撮れますので便利かもw

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
にほんブログ村


レトロゲーム ブログランキングへ
スポンサーサイト
[2015/11/01 05:38] | ハード機器 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
CDROM2は故障中でもHuカードはやはりプレイ可能さっ!


前回の記事の続き。
まだ、当ブログ内にNECハードのカテゴリは作成しておりません・・・
だって、CDROM2のソフトは持っていても、左側のCD再生部分がうんともすんとも言わんのだよ!

CDROM2のソフトが使用できるようになったら、カテゴリを作成し本格的に始動させます!

で、今回はHuカードゲームはやっぱり、プレイは出来る!
と言う、喜びをお伝えしたいと言うこと、ただそれだけです!

IMG_0653_R.jpg

今回は、「スペースハリアー」です。

実は、私、野熊はあまりプレイをしたことが無かったものです・・・

IMG_0654_R.jpg

いまプレイしても、スピード感があり大変面白く感じました。
時間があれば、全面クリアを目指したいと思います。

今後はHuカードゲームもプレイしていきたいですねw

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
にほんブログ村
[2015/04/18 23:15] | ハード機器 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
Huカードでレトロゲームライフもパワーアップかっ?!


以前、PCエンジンCDROM2が故障中の記事を書きました。
故障しているのは左側のCDドライブ部分!

それでは、Huカードはプレイできるのか?
と言う、疑問を持っておりました・・・

そこで、昨日の記事ではUPしませんでしたが、
別に「Huカード スペースハリアー」をジャンクコーナーでGETしておりました。
*実はCDROM2ソフトは何本かあったんですが、Huカードは所持しておりませんでしたorz

別に、CD部分を起動しなくともプレイ出来るんですねw

プレイできると言うことは、レトロゲームライフもパワーアップ!

後日、写真付きでこの件についてはUPしまーす。

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
にほんブログ村

[2015/04/13 23:39] | ハード機器 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ファミコンソフト復活!接点復活スプレー!のススメ
購入したファミコンソフトの起動確立が悪いときにはコレ!
「接点復活スプレー」
わたしはこれを使っております!

綿棒にこれをスプレーし端子部分をごりごり・・・
白い綿棒が、あら真っ黒!
コレで起動確立が上がります。



特にジャンクコーナーで買ったソフトはメンテナンスがほぼ皆無。
これでソフトに対する愛着もUP!
大切にしたいですねw

スプレーし過ぎや、ごりごりし過ぎは注意です。

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
にほんブログ村


[2015/03/31 23:57] | ハード機器 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
3DS Lボタンの修理
この記事は、自己修理を薦める訳ではありません!
分解は自己責任です!
修理は正規な依頼が確実です!
任天堂オンライン修理受付

さて、今回の患者さんです!
最近はモンハン・ポケモン・難攻不落三国伝と3DSのゲームをやり続けておりました。



まずはやさしく解体スタート!
3DSを裏返し、裏面上部の4個所のネジを外します!
底面部分を外すと下の画像です。

IMG_0620_R.jpg

バッテリー・ソフト・タッチペンは外しておきましょう。
そして、10個所のネジを外します。
写真の上部側に空けます。

IMG_0621_R.jpg

無理に開ききると基盤にLボタンとRボタンがケーブル接続されていますので、ゆっくり開けましょう。
基盤部の端子は先の細いもので剥がすように外します。
これで、上下が完全に分離です。

IMG_0626_R.jpg

画面下側がLボタンですね。
これからボタン部分の分解に入ります。

IMG_0627_R.jpg

ネジは3か所。
中央のネジはケーブルの下に隠れるようにあります。
じっくり観察してからネジを外しましょう。
向きやケーブルの方向を覚えてから分解しましょう!

IMG_0629_R.jpg

外すとこんな感じです。
黒いプラスチックの部品からケーブルとボタンがつながった部品を外し、準備した新しいものと交換。

IMG_0636_R.jpg

戻す際のLボタンとスプリング、鉄の芯の位置関係。
ここに、ボタン部分が乗ります。

逆手順で戻していきましょう!
これで完了です。

わたしは約1000円でLボタンとRボタンのセットを購入しました。
これは、今回使用したLボタン側のパーツです。

IMG_0628_R.jpg

参考程度になればいいなと思っております。
最後に、分解はくれぐれも自己責任ですよ。

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
にほんブログ村
[2015/03/29 19:12] | ハード機器 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。